フリードスパイクやフィットシャトルにのって車中泊へ行きましょう!

「仮眠・宿泊ができるスーパー温泉、健康ランド」を更新!


最近マイカーで寝泊まりする車中泊が人気です。

「車中泊」 とはその名のとおり車の中で寝泊まりすることです。

車中泊のメリットはなんといっても車で宿泊できるためにホテルや旅館などに泊まる必要性がないところです。泊まらないために、わざわざ出発前に宿泊の予約を取る手間もかかりませんし、宿泊費もかかりません。明るいうちに出発して、想いのままにドライブして、気づいたら夜もふけていた・・・そんな時でも宿泊先の予約を確認剃る必要もないのです。

主に時間ができた団塊の世代のが夫婦で行うことが多いです。
もちろん車好き、旅好きの人もたくさんいます。

しかし車中泊というのは、普段の旅館やホテルに泊まるのとは全く違います。
確かに宿泊費や予約はいりませんが、あくまで車の中。
きちんと用意をしたり、知らなければいけないことを知らないと
快適な車中泊はできません。

車中泊は、どこにでも泊まっていいわけではありません。
きちんとした交通ルールがあるように、車中泊にもルールがあります。

また快適に車中泊を送るためにも、車中泊に適した車を用意したり、
車内でも快適に睡眠を取れるように、専用のマットレスまくらを用意して
車の中をより車中泊しやすい環境に整える準備をするだけで全く違います。

アイテムと工夫次第で、今では普通のミニバンやそれより小さい車でも
キャンピングカー並の快適な宿泊環境を整えることが可能です。

是非とも、快適な車中泊をするために、
知識とアイテムを手に入れてから出発しましょう!

 


お薦めの車はコンパクトカーながら、2mの荷台があるフリードスパイク

もしくは燃費がよいのに、スペースが1,800確保できるフィットシャトルハイブリッド。

他にもプリウスα、フリードハイブリッド、エルグランド、ステップワゴン、エスティマなど候補を上げるとしたらきりがありませんが、車中泊もできて普段街中でも利用できるような車だと、やはりフリードスパイクハイブリッドかフィットシャトルハイブリッドなどが適しているんです。

さあこういった車に乗って行きましょう。

芳那の水晶湖とか、

茨木県の霞ヶ浦とか、

栃木県那須町の美野沢とか、

秘境駅のたたら駅とか、

大田原の野崎とか、

わたらせ渓谷鐵道の水沼駅とか、

イオン市川妙典店とか、

市川パーキングエリアとか、

栃木県藤岡町とか、

茨城県大子町の廃校とか、

栃木県小山市の工業団地とか