車中泊をするとなった場合、最低限の車の知識は覚えておいた方が良いと思います。
どこで、何が起こるか分からない状態の中、どんなトラブルがあったとしても冷静に対応できるようにしておきましょう。

車を使って寝泊まりすることになるので、車の故障とくにバッテリーが上がってしまったときの応急処置は覚えておいて下さい。

ライトなどの消し忘れなどが原因となるトラブルですが、一時的に他の車から電気をもらうとエンジンを始動することができます。
専用のコードが必要となるので常備しておくことをおすすめします。

その他に晴天下の車の室内温度はどれくらいまで高くなるかというと、外の気温は23度でも車内は48度まで上がっていて、ダッシュボード付近は70度を超えています。
それくらい極度の暑さのため車内にいたペットや子供、大人でも熱中症や脱水症状になることも多いので十分注意して下さい

おすすめの記事