どんな車がいいか?燃費比較から

車中泊にどんな車がいいかは千差万別です。

車中泊するものは基本的に大きなものになりますので、
あんまり燃費がいいものはありません。

しかしそれは今や昔のこと、ハイブリッド式が出るようになってから
車の燃費は飛躍的に良くなりました。
小さなコンパクトカーだけでなく大きな車にもハイブリッドが適用され
まさに燃費が良くてスペースが確保できる両立する車があるのです。

国土交通省は、3月30日に、平成23年「燃費の良いガソリン乗用車ベスト10」を発表した。
これによると、平成23年末時点で販売されている自動車のうち、
最も燃費の良いガソリン乗用車は、
去年に引き続きトヨタの「プリウス」で32.6km/L
ハイブリッド車以外ではマツダの「デミオ」が25.0km/Lで、
軽自動車ではスズキの「アルト」が30.2km/Lで首位に立った

普通・小型自動車では、
1位プリウス、
2位はレクサス「CT200h」、
3位はホンダ「インサイト」、
4位にトヨタの「プリウスα」、
5位にホンダの「フィットシャトル」

ハイブリッド車以外では、
1位にデミオ、
2位は日産「マーチ」、
3位はトヨタ「ヴィッツ」

軽自動車では、
1位がアルト
2位はダイハツ「ミラ イース」、
3位がダイハツ「ムーヴ」、

これらはコンパクトカーが多いものの車中泊ができるものもあります。

例えばトヨタのプリウスα、ホンダのフィットシャトルなどは
ハイブリッド式、かつ荷台スペースが大きく
燃費のよさとスペースの両方を備えた利便性のある車です。

車中泊するなら 「車中泊専用マット」 が最適!

車中泊でなんといっても大切なのが睡眠の取り方。人生の3分の1は睡眠です。そのため車中泊でも3分の1の時間を睡眠で過ごします。その睡眠がよくとれなければ、せっかくの旅も楽しさ半減。睡眠を快適に取るために必要なもの、それはマットレス、そしてまくらです。 しかしただ単に車の中にマットレスやまくらを持ち込んではスペースが埋まってしまって邪魔でしょうがありません。そこでお勧めな商品なのが、【車中泊専門店オンリースタイル】の車中泊専用マットです。この車中泊専用マットは空気を出し入れすることで収縮する商品になっています。空気を抜いて収縮させれば 「たった20cm」 に縮めることができるのです。

 

【おすすめのポイント】
1.今までにない厚さ10センチ。シートのゴツゴツを感じません!
2.空気バルブを開くと自然に空気が入る簡単なしくみ!
3.空気を抜けばとてもコンパクト。22×70cm!
4.表と裏の両面使えるリバーシブル仕様。季節によって使い分け!
5.両端がマジックテープになっており、2枚を連結することが可能!
6.軽、コンパクト、ワゴン、ミニバンあらゆる車に使える!
7.安心の品質1年保証!ただ売っちゃえばそれで終わりではありません!

【レビュー買いたりまとめ買いで超お得】
車中泊専用マットはまとめ買いをすることで非常に安くなります。
さらにレビューを書くことでさらに割引されます。
もちろんレビューはわざわざ良いところを書くよいしょ記事でなくてもいいです。使った感想でいいのです。車中泊専用マットはレビューが多数投稿されており、サクラ無しのレビューから非常に評判がよいことがわかります。

なんにも割引なしの定価では1つ29,800円と少々お高く設定されています。
しかしこれが最初から29%割引の21,000円となり、
さらにレビューを書くと46%割引の16,000円まで安くなるのです。

さらにまとめ買い、2枚セットで購入すると割引追加
2枚の定価だと59,600円とかなりお高くなってしまいます。
しかしまとめ買いで32%割引になり40,000円となり、
さらにレビューを書くことで49%割引ほぼ半額の30,000円になります。