どんな車がいいか?燃費比較から

車中泊にどんな車がいいかは千差万別です。

車中泊するものは基本的に大きなものになりますので、
あんまり燃費がいいものはありません。

しかしそれは今や昔のこと、ハイブリッド式が出るようになってから
車の燃費は飛躍的に良くなりました。
小さなコンパクトカーだけでなく大きな車にもハイブリッドが適用され
まさに燃費が良くてスペースが確保できる両立する車があるのです。

国土交通省は、3月30日に、平成23年「燃費の良いガソリン乗用車ベスト10」を発表した。
これによると、平成23年末時点で販売されている自動車のうち、
最も燃費の良いガソリン乗用車は、
去年に引き続きトヨタの「プリウス」で32.6km/L
ハイブリッド車以外ではマツダの「デミオ」が25.0km/Lで、
軽自動車ではスズキの「アルト」が30.2km/Lで首位に立った

普通・小型自動車では、
1位プリウス、
2位はレクサス「CT200h」、
3位はホンダ「インサイト」、
4位にトヨタの「プリウスα」、
5位にホンダの「フィットシャトル」

ハイブリッド車以外では、
1位にデミオ、
2位は日産「マーチ」、
3位はトヨタ「ヴィッツ」

軽自動車では、
1位がアルト
2位はダイハツ「ミラ イース」、
3位がダイハツ「ムーヴ」、

これらはコンパクトカーが多いものの車中泊ができるものもあります。

例えばトヨタのプリウスα、ホンダのフィットシャトルなどは
ハイブリッド式、かつ荷台スペースが大きく
燃費のよさとスペースの両方を備えた利便性のある車です。

おすすめの記事