HONDAのNBOX+で車中泊

N BOXの派生車種、N BOX+(プラス)2012年7月6日発売。
エクステリアデザインはリアバンパー下部を除きノーマルのN BOXと共通となっている。これは少しでも安く提供するためにコストダウンを狙ったものだという。

N BOX+の大きな特徴は、多彩な空間アレンジを作り出すマルチスペースシステムの採用にある。シートアレンジと3枚のボードを組み合わせて、様々なパターンの荷室を作り出すことができ、車中泊にも対応する。オーソドックスな下段モードでもラゲッジの奥行きは63cmを確保する。フィットの71cmには及ばないものの、4名乗車時でも標準的なBセグメントハッチバック車と同等のトランクルーム広さを持つのは普段使いで便利だ。

後部のユーティリティスペースの都合で、リアシートのクオリティがダウンしたことがN BOX+の弱点。

ノーマルのN BOXにあった広大な後席ニースペースは大幅に削られた。しかし、それでも狭いということは全く感じない。また、後席の背もたれの高さは低いながらも、リクライニング機構が装備されている。

ですが軽自動車という規格のため普通の軽自動車と同じように後部座席を倒してできたスペースだけでは就寝できる空間を作ることができず、前後の席をつなげ、その都度寝床を作るという作業が必要となります。前と後ろの座席をつなげることで、何とか自分が寝られるスペースを助手席側に作っています(運転席側はフラットになりません)。なのでマットレスが必須になります。

【車中泊専門店オンリースタイル】の車中泊専用マットを利用したNBOX+の設置例がコチラ。運転席は倒さずに助手席を倒すことでスペースを確保することはできます。1人の車中泊なら十分に可能です。もちろん2人以上は助手席だけでなく運転席もすべて倒して2枚のマットレスを引かなければいけないために厳しくなります。荷物を置く場所がなかなか確保できません。2人以上なら極力少なくするか、テントを持って行き、外に荷物を置くという方法があります。


 

車中泊するなら 「車中泊専用マット」 が最適!

車中泊でなんといっても大切なのが睡眠の取り方。人生の3分の1は睡眠です。そのため車中泊でも3分の1の時間を睡眠で過ごします。その睡眠がよくとれなければ、せっかくの旅も楽しさ半減。睡眠を快適に取るために必要なもの、それはマットレス、そしてまくらです。 しかしただ単に車の中にマットレスやまくらを持ち込んではスペースが埋まってしまって邪魔でしょうがありません。そこでお勧めな商品なのが、【車中泊専門店オンリースタイル】の車中泊専用マットです。この車中泊専用マットは空気を出し入れすることで収縮する商品になっています。空気を抜いて収縮させれば 「たった20cm」 に縮めることができるのです。

 

【おすすめのポイント】
1.今までにない厚さ10センチ。シートのゴツゴツを感じません!
2.空気バルブを開くと自然に空気が入る簡単なしくみ!
3.空気を抜けばとてもコンパクト。22×70cm!
4.表と裏の両面使えるリバーシブル仕様。季節によって使い分け!
5.両端がマジックテープになっており、2枚を連結することが可能!
6.軽、コンパクト、ワゴン、ミニバンあらゆる車に使える!
7.安心の品質1年保証!ただ売っちゃえばそれで終わりではありません!

【レビュー買いたりまとめ買いで超お得】
車中泊専用マットはまとめ買いをすることで非常に安くなります。
さらにレビューを書くことでさらに割引されます。
もちろんレビューはわざわざ良いところを書くよいしょ記事でなくてもいいです。使った感想でいいのです。車中泊専用マットはレビューが多数投稿されており、サクラ無しのレビューから非常に評判がよいことがわかります。

なんにも割引なしの定価では1つ29,800円と少々お高く設定されています。
しかしこれが最初から29%割引の21,000円となり、
さらにレビューを書くと46%割引の16,000円まで安くなるのです。

さらにまとめ買い、2枚セットで購入すると割引追加
2枚の定価だと59,600円とかなりお高くなってしまいます。
しかしまとめ買いで32%割引になり40,000円となり、
さらにレビューを書くことで49%割引ほぼ半額の30,000円になります。