アイドリングストップと一酸化炭素中毒

車中泊で命の危険の可能性がある事例として一酸化中毒があります。

これは車の排気ガスが車内に充満して一酸化炭素まみれになり、一酸化炭素中毒で死亡する最悪の事例です。

死亡した事例としてよくあるのがスキーなどの雪の事例です。

雪が積もる雪山での車中泊では、マフラーが雪に埋もれてしまい排気ガスが雪に逃げるところが無くなってしまいます。煙って言うのは髪の毛1本の隙間があれば入って来ますから、車のドアを閉めていたとしても、排気ガスの逃げ場が無ければ車内に入って来る訳です。当然呼吸もしていますから酸素濃度は下がります。そして酸欠になってそのままあの世へ言ってしまうのです。下手に密閉してあるのでなかなか外から気づくこともできません。また別の事例としては自殺する大馬鹿がマフラーからホースを繋いで車内に引き込んでるなんてこともあります。他にも車内を密閉して七輪などを炊いていると酸欠になります。ちなみに排気ガスが車内に入り込んできた場合、およそ1時間で死亡してしまいます。

対策としては、窓は締め切るよりはむしろ開けておいたほうがいいのです。

雪の中での車中泊は寒いのでよく窓を閉めきってしまいますが、閉めきってしまうと万が一ガスが車内に入ってきたときに逃げ場がなくなってしまうのです。多少寒いですがもともと雪中車中泊は車事態を温めることはできませんので、シュラフや毛布などで寝る環境を温めるほうが重要です。そもそもはエンジンは切って車中泊するのです。

エンジンを切る!車内で燃焼物を使わない!

ただし密閉空間では逆に閉めきっていたほうがいいです。密閉した空間でエンジンを炊いて排気ガスが出るとそれが車の中に入ってきたら逃げ場がありません。もともと密閉空間ではエンジンなどは炊くことが少ないですが、締め切られた空間でエアコンを外気導入にしていたらガスがエアコンを通して入ってきてしまうので厳重に注意しておきましょう。

 

おすすめの記事