冬場に車中泊をする際は車の防寒対策をしっかりと考えておかなくてはなりません。

一晩中車のエンジンをかけておけば確かにエアコンで暖かいですが、これではガソリンがすぐに無くなってしまいますし、周りに住宅などがあればエンジンをかけっぱなしにしておくわけにはいきません。

また、万が一エンジンをかけっぱなしにしておく際にも出来るだけ、ガソリンの消費を抑えるため、エアコンは最も弱い出力でかけておく事をお勧めします。

そのためにもしっかりと防寒対策を考えておく必要がありますが、防寒対策として最も良いのはまず窓から入ってくる冷たい空気を防ぐため、住宅用の結露を防ぐシートなどが重宝してくれます。

こうしたシートをホームセンターなどで購入し、窓の形に合わせてカットしておけば、とてもリーズナブルに窓の形のシートを作る事が可能です。

窓の大きさよりも少し大きめに合わせてカットしておけば、しっかりと窓のキワの部分まで密着してくれるために冷たい空気が入り込んできません。

またこの他にホッカイロ等を持っていくのも車の中での防寒対策になりますが、寝袋を車の中に持ち込むと言う人もいます。

寝袋を使用して眠るのはもちんですが、眠らなくても寝袋の中に足を入れているだけで暖かいので、車内で談笑する際なども寝袋を使用するのは良いかもしれません。

このほかには一般的に毛布やブランケットなどが防寒対策としては使用されています。

また、案外役立ってくれる防寒対策グッズとしては厚手の靴下があります。

足元が暖かいだけで体が暖まりますので、車中泊の防寒グッズとして保温性の高い靴下は欠かせません。

おすすめの記事