事故の記録にドライブレコーダー

【ドライブレコーダーとは?】
ドライブレコーダーとは車の運転している状況を記録するビデオカメラのようなものです。最近ではでは交通事故を装った詐欺などが増えているため事故時の状況を客観的に判断できるドライブ・レコーダーの導入が推奨されています。映像は事故の証拠としてドライブ・レコーダーの映像を扱うケースが増えており、事故状況に争いがある場合、ドライブ・レコーダーの映像があれば争う必要のない決定的材料となります。これがあるだけで保険金詐欺等の犯罪摘発にもつながるほか、また近隣の不審者などの情報提供など、地域の犯罪抑止効果としても期待できます。

 

【運転意識の改革】
ドライブレコーダーで運転状況を記録することで、運転者が自らの運転状況を見て安全運転に対する意識向上につながります。実際の事故だけでなく、ヒヤリ・ハッとした瞬間の分析にも応用でき、各家庭での安全運転を意識する教育としても活用できます。ちょっとした状況を見返すこともできますね。国土交通省による「ドライブ・レコーダー」搭載効果に関する調査では、実際に稼働中のタクシー、トラック、バスに映像記録型ドライブ・レコーダーを搭載してデータを収集するとともに、その利用方法や効果について検討をしています。

あの 「てんかん患者京都祇園事故」 でのタクシーのドライブレコーダーによる映像記録が貴重な情報として使われたことがわかりますね。

 

【事故のときに自動で記録される!】
ドライブ・レコーダーは、自動車の事故発生時や事故につながる急加速、急ブレーキなどの衝撃が加わると、その前後の映像や音声等の走行データを自動的に記録する仕組みになっています。わざわざ運転手による任意の操作は必要ありません。というか、運転中に操作したらいけませんね。そのためドライブレコーダーは強い衝撃のときに自動で録画が開始されるのです。

 



ドライブレコーダー通販ショップ【ドライブバリュー】