境古河IC~つくば中央ICが開通

2017年2月26日(日)、境古河IC~つくば中央IC間が開通し、圏央道は東名高速から東関東道まで、東京から放射状にのびる高速道路6路線が結ばれました。これによって東名、中央、関越、東北、常磐、東関東の6つの道路がつながることとなり、渋滞と事故の魔境でもあった首都高を通らずに北日本から西日本へ、あるいは千葉、埼玉、神奈川に行くことができるようになりました。個人的には去年の白岡菖蒲ー桶川北本が開通したときは非常に便利になったと感じたことから、とても期待していました。以前は高速を使わずに移動していたら高速なら10分足らずのところを、下道では30~1時間かかるものですから。そんなこともあって境古河IC~つくば中央ICを通ってみました。

 

境古河IC~つくば中央ICを通ってみた

感想としては期待外れでした。確かにつながって入るものの、本当に ”つなげただけ” と言わざるを得ない感じでした。なにせ境古河IC~つくば中央ICの内、一車線のところが多い多い。体感的に8割近くが一車線です。とにかく一車線の高速道路というのはすぐに渋滞します。それほど通行車両は多くなかったにもかかわらず、一車線のあちこちで渋滞しており、これでは下道を通った時間とたいして違いがないようにも感じるくらいです。

 

開通区間は渋滞が頻発している

NEXCO東日本でも渋滞が発生したことをレポートでまとめています。おおよそ開通区間では2割以上通行量が増えたようですが、スムーズな移動をさせたいのであれば一車線は無理があることは皆わかっていたことですね。今後さらに工事をして車線を増やす計画なのか、用地が取得できずにこのまま一車線でいくのかはわかりませんが、ちょっと期待はずれもいいところです。つくば、土浦の人口と車の交通量を考えれば一車線はきついですよ。

 

http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/kanto/h29/0310/pdfs/pdf.pdf

おすすめの記事