夕張市のふるさと納税はもちろんメロン

夕張市といえば一に「夕張メロン」、二に「破綻自治体」と言われるほどメロンが有名ですね。もちろんふるさと納税の対象に夕張メロンが入っています。下記がPR画像です。やはり美味しそうなメロンを抜粋していますね。

 

 

 

夕張メロンを頼むには価格が高い

 

ただ比較的に高くて、1.5万円~3万円くらいをふるさと納税しないと夕張メロンは送られてきません。5,000円とか1万円だと夕張メロンゼリーになってしまいます。ゼリーは既成品ですので、通販で何時でも買えます。

やっぱり夕張市といえば夕張メロンを頼みましょう。

 

さびれた夕張市の街々

夕張市は北海道空知地方の市であり、石狩炭田の中心都市として栄えた町です。ブランドとしては夕張メロン、他にはゆる?キャラのめろん熊などが有名です。しかし、2006年(平成18年)には深刻な財政難のあおりを受け、2007年(平成19年)3月6日をもって財政再建団体に指定され、事実上財政破綻しました。自治体である市が破綻したのですから公共の施設などへの出費などはどんどん制限されていきますので、市内のあっちこっちがガタガタです。

観光促進していたときは「バリバリ夕張」なんてCMも流していました。

夕張市の歩道橋

夕張駅 ~なんとか生き残るJR駅~

JRはまだなんとか夕張まではつながっています。みための駅の外観はきれいに見えますが、中の扉はガチャガチャにヒビが入っているにも関わらず直せないといったことになっています。駅前には巨大なホテルがあります。これも観光促進時代に作られたものですが、どう考えてもこんな小さな町にこんなでかいホテルは場違いですね。

 

 

夕張駅の外観 ~ほぼ無人駅~

 

夕張駅のとなりの鹿ノ谷駅

となりの鹿の谷駅も夕張市内ですが、老朽化がやばいですね。ほとんど廃墟のようになっています。

 

鹿の谷駅から夕張駅方面を眺める

なかなかよい緑の町です。自然豊かという表現ではとても良い町には思えます。

 

おすすめの記事