幕府最強の戦艦。江差の開陽丸記念館

幕府最強の戦艦。江差の開陽丸記念館

北海道、函館から車で西に走ること2時間。昔ニシン漁で賑わった江差町があります。この小さな町の港に開陽丸青少年センターという施設があります。この一角に昔ここで沈んだ江戸幕府最強の軍艦:開陽丸を再建した開陽丸記念館があります。

開陽丸について(開陽丸記念館)

1866年9月(慶応2)に徳川幕府の命運をかけ建造された軍艦開陽丸は堅牢かつ美麗に完成し、その名、開陽(大熊座中の北斗七星の呼称)、オランダ語のVoorichterは夜明け前と訳されています。オランダで建造された開陽丸は幕末、鳥羽伏見の戦い、江戸城開城、徳川幕府崩壊を見届け、1868年10月(慶応4)に江戸を出帆、12月に蝦夷地に到着。 箱舘戦争最中の1868年12月(明治元年11月15日)に松前を落とし江差に向かう土方歳三らの陸軍支援のため、海路江差沖で暴風雪に遭いあえなく座礁、沈没してしまいます。 僅か2年3ヶ月の命でした。その後100年有余年を経た昭和50年から始まった海中発掘調査では32,905点の遺物が引き揚げられました。開陽丸は122年ぶりの平成2年4月に実物大にその勇姿を復元したものであります。 開陽丸建造中にオランダに派遣された榎本武揚をはじめ14名の留学生は、明治になって日本の近代化に著しく貢献しました。 これらの歴史を含め多岐にわたる諸技術の、変遷がわかる貴重な資料を展示しております。

開陽丸記念館の中

記念館は船の形をした建物になっており、中には引き上げられた開陽丸の部品や引き上げに至る経緯などが事細かく解説されています。当時の船員の再現した人形などもかざられており、結構充実した設備です。海底から引き揚げた遺物、約33,000点の内、約3,000点を展示しているらしく、展示物の多さには驚かされます。当時の江戸幕府の情勢などを詳しく解説しており、維新政府側から語られることの多い幕末における、幕府側の情勢や見解などが知れるのは貴重なものです。

 

 

こちらが開陽丸青少年センター。中には会議室やカフェなどが併設されています。作りは西洋的です。

 

開陽丸記念館の概要

●入館料  大 人 500円、小中高生250円(15人以上は1割引)
●開館時間 9:00~17:00 (券販売は16:30まで)
●休館日  4月~10月  無休
11月~3月末 月曜日・祝日の翌日(但し祝日が月曜日の場合、翌日と翌々日が休館)
12月31日~1月5日 年末年始休館

  一般財団法人 開陽丸青少年センター『えさし海の駅 開陽丸』
〒043-0041
北海道檜山郡江差町字姥神町1番地1-10
TEL (0139)52-5522 FAX (0139)52-5505
e-mail:kaiyo-maru@hakodate.or.jp

 

私が使っている車中泊に最適なマットレス

私が使っている車中泊に最適なマットレス
車中泊にはぜひとも置いておきたいマットレス。品質がよく肌触りに違和感なし。ノズルを開くだけで自動的に空気を吸い込んで膨らむ手軽さ。圧縮できるので軽いし場所も取らない便利グッズ。
  • 厚さ10cmなので凸凹な
  • 高密度ウレタンフォーム
  • 2つ連結することもできる
  • オールシーズン対応

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント

快適な車旅行に必須の車両保険:意外と入ってなかった?こともある!