海の神を祀る龍宮社(りゅうぐうしゃ)

二見ヶ浦を観光しに行く人は、西側の駐車場や旅館に泊まってから行くことが多いですが、その反対側にある神社があります。

海の神を祀る龍宮社(りゅうぐうしゃ)といい、

  • 龍神大神(りゅうじんおおかみ)
  • 大綿津見神(おおわたつみのかみ)

を祀っているところです。ここも二見興玉神社の一部になるようです。

昔から伊勢湾は高波がひどかったことから、この神社も津波被害からの復興と海の安全を祈願して建てられたところです。

旧暦5月15日に龍宮社例祭に併せて郷中施(ごじゅうせ)神事が行われる風習があります。

鳥居はこのような形で小さいです。

台風一過ということもあり、非常に天気に恵まれています。

夫婦岩も反対側から見るとちょっと違った感じですね。

ただ縄が向こう側を向けてつけられているので、微妙ではあります。

 

おすすめの記事