三井寺(園城寺)について軽い知識

三井寺は滋賀県大津市の西、比叡山の麓にあるお寺です。園城寺とも呼ばれています。日本三不動の一である黄不動で著名な寺院で、観音堂は西国三十三所観音霊場の第14番札所であり、近江八景の1つである「三井の晩鐘」でも知られいます。

比叡山という土地柄争いに巻き込まれることが多く、平安時代には比叡山との抗争で弁慶が奪い取ったと伝えられている「弁慶の引き摺り鐘」なども有名です。なお、この弁慶の引き摺り鐘は「三井の晩鐘」とは別のものです。

安土桃山時代には秀吉の逆鱗に触れてしまい廃寺寸前まで追いつめられたこともあります。

 

三井寺(園城寺)の起源

667年に天智天皇により飛鳥から近江に都が移され、近江大津京が開かれました。 672年、前年の天智天皇の永眠後、大友皇子(天智天皇の子:弘文天皇)と大海人皇子(天智天皇の弟:天武天皇)が 皇位継承をめぐって争い、壬申の乱が勃発。 壬申の乱に敗れた大友皇子の皇子の大友与多王は父の霊を弔うために 「田園城邑(じょうゆう)」を寄進して寺を創建し、 天武天皇から「園城」という勅額を賜わったことが園城寺の始まりとされています。

 

三井寺の場所

〒520-0036 滋賀県大津市園城寺町246

代表 : 077-522-2238

西国十四番札所 : 077-524-2416

大 人 600円(個人)/550円(団体)
中高生 300円(個人)/250円(団体)
小学生 200円(個人)/150円(団体) ※30名以上は団体扱いです。

 

 

三井寺のアクセス

京阪電鉄石山坂本線三井寺駅より徒歩10分・大津市役所前駅より徒歩12分

JR西日本東海道本線(琵琶湖線)大津駅より京阪バス三井寺バス停下車0分

JR西日本湖西線大津京駅より京阪バス三井寺バス停下車0分

 

実際に行ってみた感想

まずは行ってみた感覚で総評価。

観光オススメ
駐車場
アクセス
施設・トイレ
食事処
絶景
所要時間 40分~90分

三井寺は見どころはたくさんありますが、いかんせん「地味」に尽きます。

1000年以上の歴史があり豊臣秀吉や弁慶などの歴史的に有名な人物も関わりがあるのですが、全体的に地味な建物が多く、古きは良きと感じることができないと非常につまらなくなるでしょう。

駐車場自体は大きめのがあるので通常のシーズンでは困らないのですが、紅葉の時期などはおそらく足りなくなります。その場合は1つ隣の「びわ湖浜大津駅」の周辺にはパーキングがたくさんありますのでそこに停めてから電車移動するといいですね。

 

アクセスも近くに京阪電気鉄道石山坂本線三井寺駅という間違えようのない最寄り駅が存在するため電車でのアクセスもかなり良いです。もちろん余裕があるのであれば移動の自由を考えて自家用車でのアクセスがよいですね。

 

中はお寺なので食事処やトイレなどは一部分にしかありません。

絶景に関しては、紅葉のときや、ライトアップされた深夜などにはよい景色を取ることができそうです。

 

三井寺の駐車場

三井寺の駐車場は寺の前、両側にあります。

比較的大きなスペースなのですが、大型バスが停車したりUターンするためか普通車の停めるスペースが少なくなってしまっているのが残念ですね。スペースの割に停車できる数は多くありません。

 

三井寺のMAP:40分と90分コース

三井寺の全体マップになります。

意外と広いので全部を回るとなると1時間では足りません。

マップでは見にくいですが青い線が40分赤い線が90分コースになっています。

40分コースはメインである金堂と三重塔を見てUターンするだけです。

90分コースはほぼ全部を回る感じですね。

 

釈迦堂

 

金堂

メインとなる金堂です。

 

日本三名鐘:(近江八景)三井の晩鐘

 

唐院

 

三重塔

名声と地位を欲しがる豊臣秀吉に寄って塔ごと移動させられたという逸話が伝わっています。

マジで?

 

一切軽蔵

 

 

三井寺でオススメ:弁慶の弁慶の引き摺り鐘

重要文化財になっている弁慶の鐘です。

三井寺と比叡山が争った時、時の武蔵坊弁慶によって鐘が奪われたのですが、その鐘が「イノー、イノー」と叫んだので投げ落としたという話が伝わっています。

 

 

 

映画の撮影にもよく使われている

るろ剣や武士の献立などに利用されています。

雰囲気は完全に昔の日本といった感じなので、そっくりそのまま撮影で使えるとあっていいですね。

 

微妙寺

 

 

印象に残った風景:紅葉なりかけ

三井寺に行ったのは11月のはじめ頃で、ちょうど紅葉のシーズンの始まりの頃でした。

本格的な紅葉はまだ始まっていないものの、ところどころ色が変わっていてなかなか良い感じでした。

 

観音堂

 

 

おすすめの記事