夕張のめろん城(廃墟)

夕張のめろん城(廃墟)

夕張のめろん城(廃墟)

観光オススメ ★☆☆☆☆
絶景が見れる ★☆☆☆☆
施設・トイレ ★☆☆☆☆
食事処 ★☆☆☆☆
アクセス ★☆☆☆☆
駐車場 ★★☆☆☆

財政破綻した町として有名なのが北海道の真ん中あたりにある夕張市です。自治体である市が財政破綻したことで様々な公共サービスが廃止されて公共施設も廃止されました。そんなダークなイメージが有る夕張市ですが、夕張メロンというブランドメロンという生き残った産業もあるため、それを使った新たな商品を開発するためにいろいろ頑張っていました。

めろん城の前身である「ゆうばりめろん城」は夕張市の農産物処理加工センターとして、ただでさえ交通の便の悪い夕張市の奥の奥、最奥ともいえる山の中に西洋風の城として作られました。ここでは夕張メロンを使ったブランデー開発などを行っていたようで、同じ夕張市内にある石炭の歴史村観光と同じ経営で、生産が行われていたようです。しかし2006年の財政破綻で閉鎖されてしまいました。

その後元従業員たちが設立した「夕張酒造株式会社」がこのめろん城の指定管理者として運営を引き継ぎましたが、夕張市から夕張酒造への施設の引き渡しは施設の買い取りが条件となっており、これを満たすことができなかったため、公募を行い、医薬品関連企業が買収しようとしたり、卸・小売業が応募したりと紆余曲折があったみたいですが、結局は現在は廃墟となってしまっているようです。

めろん城の敷地はもともと小学校だったらしく、高台に作られています。その高台への階段も雑草や木々が鬱蒼としげっており、長らく人の手が入っていないように感じます。

特に閉鎖されているようすもないですが、看板も何もなく放置されている感じが強いです。

特に目的もないので遠くから見ただけで帰りました。

かなり廃墟化が進んでいるので廃墟マニアが来ているという噂もあり、引き返すバイクなどと2,3台すれ違いました。この先は行き止まりのため、道を間違えたおっちょこちょいさんでもなければ、目的はこのめろん城の可能性が高いです。ちなみに手前のちょっとした川辺にはポケモンGOのポケストップが有りました。ジムも設置してあり、ジムを取っておいたらものの2時間程度で取り返されてしまったので、訪れる人は結構いるみたいですね。

先はがけ崩れなどで通行止めになっていますので、引き返すしかありません。

 

私が使っている車中泊に最適なマットレス

私が使っている車中泊に最適なマットレス
車中泊にはぜひとも置いておきたいマットレス。品質がよく肌触りに違和感なし。ノズルを開くだけで自動的に空気を吸い込んで膨らむ手軽さ。圧縮できるので軽いし場所も取らない便利グッズ。
  • 厚さ10cmなので凸凹な
  • 高密度ウレタンフォーム
  • 2つ連結することもできる
  • オールシーズン対応

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Facebookコメント

快適な車旅行に必須の車両保険:意外と入ってなかった?こともある!