霞ヶ浦(かすみがうら)

霞ヶ浦(かすみがうら)

霞ヶ浦(かすみがうら)は、茨城県南東部から千葉県北東部に広がる湖。湖沼水質保全特別措置法指定湖沼。「霞ケ浦」(ケが大文字になっている)と表記することもある。西浦・北浦・外浪逆浦(そとなさかうら)・北利根川・鰐川・常陸川の各水域の総体である。河川法ではこの範囲を「常陸利根川」という利根川の支川としている。

霞ヶ浦(かすみがうら)

霞ヶ浦は首都・東京から約60km,茨城県の南東部に位置します。その大きさは日本第2位の湖面積をもつ淡水湖で、その特徴としては、湖面積に比べて水深が浅いことです。そして、霞ヶ浦は古代から様々に様相が変化してきた湖でもあります。

湖の周辺では波が打っている。

ほとんど海と同然であり、しょっぱくないだけである

霞ヶ浦(かすみがうら)

河川の石は海のものと酷似しているが、砂というほどではない。