生活できるインテリアが装備されてい車中泊に適してる

車中泊するからには寝るためのスペース確保は大前提です。

しかし車中泊ではほとんど車の中で生活することになります。

そのため食事や娯楽や休憩などもできるような部屋としての便利が求められています。

フリードスパイクはもともとそういった人をターゲットにしているため、後ろのスペースにいろいろなものを設置できる仕組みがあります。リアシートを倒した2メートルのスペースに、ティッシュを置くポケット、昼食をおけるテーブル、後部座席の人にも使えるドリンクホルダー、明かりを確保するスポットライト、いろいろなものをひっかけるフック、いざというときのための工具を置いているボックス。無改造でそのまま生活できます。