フリードスパイクは軽くて車中泊でも町中でも使える

車中泊を本格的にやるとそれなりの車が必要になって来ました。

例えばtoyotaのハイエースのようなワゴン車がメインであり、ミニバンでは実力不足でした。

強者になるとワゴンではなくトラックやキャンピングカーを使っています。

まぁ車の中で生活するとなるとそれぐらい演る人もいるものですが、普段車を使う人にとっては車中泊のためにキャンピングカーを買うなんてのは金銭面でも駐車場面でも家庭面でも無理があるものです。できれば車中泊と普段の取り回しにも使えるような車を買いたいものです。その2つを満たしているのがフリードスパイクです。

フリードスパイクの全長は4,210mm、4メートルほどでミニバンレベルです。

最小回転半径は5.2mのため、狭い駐車場でも取り回しがいいものです。

フリードスパイクが車中泊に適しているのは、使用者の都合を考えて、車中泊もできて、普段まちなかでも使えるほどコンパクトであり、人が寝れるほどのスペースを有していることなのです。

そりゃあ車中泊一点だけを見れば、キャンピングカーが一番ですよ。

でも使用者はすべてがすべてキャンピングカーを変えるような経済力も環境もあるわけではありません。ある程度は妥協しつつも、車中泊環境と普段の乗用車としてのスペックを満たしたもの、それがフリードスパイクです。

もちろんフリードスパイクもすべての点を満たしているわけではありません。