車中泊に適したフリードスパイクの年度ごとのモデルチェンジ

ホンダ フリードスパイク 2010年07月〜

かつて小型ミニバンのモビリオをベースにした2列5人乗りのモビリオ・スパイクというモデルがあったが、モビリオがフリードへと実質的にフルモデルチェンジした後は、スパイクの設定はなくなっていた。フリードがデビューしてから2年目の2010年7月になって、改めてフリード・スパイクが発売された。低床・低重心プラットホームをベースにしたフリードの基本パッケージを生かし、モビリオ・スパイクが持っていたような機動 ... かつて小型ミニバンのモビリオをベースにした2列5人乗りのモビリオ・スパイクというモデルがあったが、モビリオがフリードへと実質的にフルモデルチェンジした後は、スパイクの設定はなくなっていた。フリードがデビューしてから2年目の2010年7月になって、改めてフリード・スパイクが発売された。低床・低重心プラットホームをベースにしたフリードの基本パッケージを生かし、モビリオ・スパイクが持っていたような機動性の高い荷室空間を備えたクルマに仕上げている。シート配置は2列5人乗りだが、前後のシート間隔を広げて多彩なアレンジを可能なものとし、荷室空間にはさまざまなアイデアを盛り込んで自在な使い勝手を実現した。そのポイントになるのは反転フロアボードやこれと組み合わされるシートアレンジ、また豊富な収納やテーブルを設けたリヤサイドユーティリティなど。趣味や遊びに使える楽しいクルマとされている。外観デザインは機能性を表現した力強いものとされたほか、エアロモデルは専用のエアロパーツなどによって個性が明確化されている。搭載エンジンは直列4気筒1.5リッターで4バルブSOHCの自然吸気仕様。87kW(118ps)/144N・m(14.7kg-m)のパワー&トルクを発生する。駆動方式はFFと4WDがあり、FF車は無段変速のCVTと、また4WD車は電子制御5速ATと組み合わされる。最上級グレードのGiエアロには横滑り防止装置のVSAやサイド&カーテンエアバッグやHDDナビゲーション、パワースライドドアなどが標準で装備される。

ホンダ フリードスパイク 2011年10月〜

フリードスパイクはモビリオスパイクの後継モデルとして2010年7月に登場した。モビリオがフリードに変わったとき、フレックスという2列5人乗り仕様のグレードが設定されたため、スパイクは廃止される形になっていたが、後方空間に対するユーザーニーズは強く、フリードの登場から2年後に改めてフリードスパイクが発売された。低床・低重心プラットホームをベースにしたフリードの基本パッケージ。シート配置は2列5人乗りだが、前後のシート間隔を広げて多彩なアレンジを可能なものとし、荷室空間にはさまざまなアイデアを盛り込んで自在な使い勝手を実現した。そのポイントになるのは反転フロアボードやこれと組み合わされるシートアレンジ、また豊富な収納やテーブルを設けたリヤサイドユーティリティなど。趣味や遊びに使える楽しいクルマとされている。外観デザインは機能性を表現した力強いものとされたほか、エアロモデルは専用のエアロパーツなどによって個性が明確化されている。搭載エンジンは直列4気筒1.5リッターで4バルブSOHCの自然吸気仕様。87kW(118ps)/144N・m(14.7kg-m)のパワー&トルクを発生する。駆動方式はFFと4WDがあり、FF車は無段変速のCVTと、また4WD車は電子制御5速ATと組み合わされる。2011年10月のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを変更したほか、横滑り防止装置のVSA全車に標準装備し、また全席に3点式シートベルトを備えるなど、安全装備の充実化を図るとともに、バリエーションを整理した。

ホンダ フリードスパイク 2012年04月〜

2012年4月にはGジャストセレクションとGエアロをベースに、装備を充実させながら買得感のある価格を設定したGLとGエアロLを追加設定。GLには、人気の高いディスチャージヘッドライト(ハイ/ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付き)を始め、利便性に優れたパワースライドドア(リア右側、左側はベース車も標準装備)やスマートキーシステム(キー2個付き)、クルーズコントロールのほか ... 2012年4月にはGジャストセレクションとGエアロをベースに、装備を充実させながら買得感のある価格を設定したGLとGエアロLを追加設定。GLには、人気の高いディスチャージヘッドライト(ハイ/ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付き)を始め、利便性に優れたパワースライドドア(リア右側、左側はベース車も標準装備)やスマートキーシステム(キー2個付き)、クルーズコントロールのほか、15インチアルミホイールなども装備。またGエアロLには、利便性に優れたパワースライドドア(リア右側、左側はベース車も標準装備)やスマートキーシステム(キー2個付き)、クルーズコントロールなどを装備しながら抑えた価格設定としている。