松前城 ~北海道唯一の藩である松前藩松前氏の居城~

松前城 ~北海道唯一の藩である松前藩松前氏の居城~

北海道の渡島半島西にある松前は北海道唯一の藩であった松前藩の居城でした。

松前家の初代藩主・松前慶広がこの地に築城したのは、1606(慶長11)年のことです。その後の火災や修築などを経て、十七世藩主・松前崇広は1849(嘉永2)年7月10日、外国船の出没に備え津軽海峡の警備強化を図るため、幕府から築城を命ぜられ、城主大名になりました。江戸時代は北海道唯一の藩として京都などの都市部とも公益をし、近江商人なども頻繁に出入りしていたそうです。

松前城自体は戊辰戦争の最後、箱館戦争の前哨戦で焼け落ちてしまいます。築城わずか5年あまりで近代戦争に巻き込まれます。松1868年(明治元年)秋、蝦夷地に独立政権樹立を目指す旧幕府の脱走軍:榎本武揚を首領とする軍勢は、官軍の拠点である五稜郭を制圧した後、11月5日には元新選組の土方歳三が700名ほどを率いて松前城を攻撃しました。松前藩兵は防戦に努めたものの、近代兵器を有する土方軍の近代攻撃によってわずか数時間で落城することになります。

その後1941(昭和16)年に国宝に指定され、戊辰の役や開拓使の取り壊し、太平洋戦争にもかろうじて残った松前福山城天守閣でしたが、1949(昭和24)年6月5日未明に松前町役場から出火した飛び火により焼失してしまいます。現在の天守閣は町民の切なる願いと、全国からの善意により1961(昭和36)年に再建されたものです。

現在の松前城の中は資料館になっており、中には松前藩の資料が展示されています。

階段が非常に急であり4回まであるので足腰の弱い人には辛いでしょう。

外から見た松前城の全体像です。

非常に小粒な城で、つくりも甘く感じます。

 

[開館・公開時期]4月10日~12月10日
[開館・公開日時]9:00~17:00(入館時間は16:30まで)
●料金
[入館料]大人360円(団体290円)、小・中学生240円(団体190円)、幼児無料
※団体は10名以上
※障がい者:団体料金を適用

国指定史跡

住所 松前町字松城
電話番号 0139-42-2216

 

私が使っている車中泊に最適なマットレス

私が使っている車中泊に最適なマットレス
車中泊にはぜひとも置いておきたいマットレス。品質がよく肌触りに違和感なし。ノズルを開くだけで自動的に空気を吸い込んで膨らむ手軽さ。圧縮できるので軽いし場所も取らない便利グッズ。
  • 厚さ10cmなので凸凹な
  • 高密度ウレタンフォーム
  • 2つ連結することもできる
  • オールシーズン対応

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

快適な車旅行に必須の車両保険:意外と入ってなかった?こともある!