ノシャップ岬とノシャップ寒流水族館

ノシャップ岬とノシャップ寒流水族館

ノシャップ岬

観光オススメ ★★★☆☆
絶景が見れる ★★★★★
施設・トイレ ★★☆☆☆
食事処 ★★☆☆☆
アクセス ★★★★☆
駐車場 ★★★☆☆

ノシャップ岬とは漢字では「野寒布岬」と書き、アイヌ語でノッ・シャムといい「岬が顎のように突き出たところ」「波の砕ける場所」の2つの意味があると伝えられています。夕日の美しい景勝地として知られ、秀峰利尻富士や花の浮島礼文島も一望できます。また隣には日本最北端の水族館であるノシャップ寒流水族館があります。

稚内からは近い

場所は稚内の半島の一番先、場所的にここが日本最北端と思いがちな辺境の地です。といっても稚内市の中心部から車で15分の距離であるため、隣の町まで車で1時間が基準の北海道ではかなり近いところになります。

すぐそこは国境

近くにはノシャップ公園や食事処が多いのですが、目立つのは陸上自衛隊の駐屯地です。そう、北限ということもあってここは国境の町なのですね。日本では陸の国境がないため国境の意識が薄いですが、海とは言えここから先は海の国境なのです。実際に現地の人に話を聞くとロシアからの不法入国者などもときどき捕まっている話や、冷戦時代はほんとにソ連と何か起こるんじゃないかという緊迫感もあったということです。今ではそのような物騒な話は少なくなっていますが、それでも国境というのを日本で意識させられる数少ない場所です。

ノシャップ岬の写真

ノシャップ寒流水族館

すぐ近くにあるノシャップ寒流水族館。日本最北端の水族館です。

つくりは貧相ですね。かなり昔の建物であることがわかります。

日本最北端の水族館に南極

ただ、建物の中はいろいろな展示物がしっかりとありました。しかし日本最北端の水族館に展示されているのが、地球最南端の南極のものっていうのがシュールです。アザラシやクリオネなどしっかりと展示物もあります。ここの特徴は何を展示しても頭に「日本最北端の」がつくことですね。

日本最北端の水族館!

日本最北端のアザラシ!

日本最北端のクリオネ!

まぁそれだけですが。

ちなみに図書館や科学館が併設されており、プラネタリウムなんかもやっているみたいですね。

 

ノシャップ寒流水族館開館期間

  • 夏期間(4月29日~10月31日)
  • 冬期間(11月1日~11月30日、2月1日~3月31日)
    ※平成28年12月1日~12月25日は臨時開館します。

ノシャップ寒流水族館:休館日

  • 4月1日から28日、12月26日から翌年1月31日(整備休館)

ノシャップ寒流水族館:入館料

区分 一般・高校生・大学生 小・中学生
水族館・科学館 個人 500円 100円
団体 400円 80円
水族館・科学館年間パスポート 個人1,000円300円

 

私が使っている車中泊に最適なマットレス

私が使っている車中泊に最適なマットレス
車中泊にはぜひとも置いておきたいマットレス。品質がよく肌触りに違和感なし。ノズルを開くだけで自動的に空気を吸い込んで膨らむ手軽さ。圧縮できるので軽いし場所も取らない便利グッズ。
  • 厚さ10cmなので凸凹な
  • 高密度ウレタンフォーム
  • 2つ連結することもできる
  • オールシーズン対応

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

快適な車旅行に必須の車両保険:意外と入ってなかった?こともある!