函館に竜馬?坂本龍馬記念館

函館に竜馬?坂本龍馬記念館

函館市に坂本龍馬記念館

坂本龍馬といえば今や人気のある幕末を代表する維新志士です。土佐藩出身の郷士であり、土佐を脱藩して長州藩に渡り勝海舟に師事したりと主に竜馬の活躍する舞台は四国、九州、京都、そして江戸くらいです。江戸時代においてほぼ未開の土地であった北海道には竜馬は全く関係ないように思えますが、ここ函館市には北海道坂本龍馬記念館があります。実は竜馬には子はいませんでしたが、兄あの系譜には坂本家が受け継がれています。その子孫は明治以降になって北海道へと移住しています。

 

北海道坂本龍馬記念館設立の経緯

特定非営利活動法人北海道坂本龍馬記念館実行委員会が中心となって、龍馬の生誕日と命日にちなんで2009年11月15日に開館しました。記念館顧問に郷士坂本家9代当主の坂本登を迎えている。  展示物は、龍馬直筆の書簡や愛用の湯飲茶碗と短刀の他、北海道に渡った坂本家子孫のゆかりの品々がある。8代当主である坂本直行は山岳画家として名高くその絵画も展示されている。  2010年11月15日には、記念館向かいの函館龍馬公園内に、高さ6m(台座2.5m、銅像3.5m)の「蝦夷地の坂本龍馬像」が建立された。

 

 

北海道坂本龍馬記念館主な収蔵品

  • 坂本龍馬書簡 文久3年8月14日 姉・乙女宛
  • 坂本龍馬書簡 慶応2年1月20日 姪・春猪宛
  • 坂本龍馬愛用 亀山焼の湯呑茶碗
  • 徳川十五代将軍・徳川慶喜公 書「六言二句二行」
  • 土佐藩主・山内容堂公 佩刀「左行秀」
  • 勝海舟 書入り扇子 等

 

北海道坂本龍馬記念館施設情報

 

  • 所在地 – 北海道函館市末広町8番6号
  • 休館日 – 年中無休
  • 開館時間 – 8:00~18:00
  • 入館料(協力金) – 一般:500円/学生(小学生~大学生):300円/未就学児:無料

 

私が使っている車中泊に最適なマットレス

私が使っている車中泊に最適なマットレス
車中泊にはぜひとも置いておきたいマットレス。品質がよく肌触りに違和感なし。ノズルを開くだけで自動的に空気を吸い込んで膨らむ手軽さ。圧縮できるので軽いし場所も取らない便利グッズ。
  • 厚さ10cmなので凸凹な
  • 高密度ウレタンフォーム
  • 2つ連結することもできる
  • オールシーズン対応

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

快適な車旅行に必須の車両保険:意外と入ってなかった?こともある!