車中泊でごはんを食べるとなると、キャンプ場に行って、外に出て、飯盒などを使い、火をたいて・・・といろいろとキャンプと同じようなことをしなければなりません。

しかし車の中で簡単にお米がたける便利グッズもあるのです。

それがDC炊飯器 タケルくん

無洗米と水を入れて、車のシガーソケットでごはんが炊けるすぐれもの。

炊飯25分、蒸らし10分程度でホカホカごはんが1.5合炊けます!

こら!そこ!コンビニでサトウのごはん買えばいいじゃん!とか言うな!

自分で炊いたほうが安上がりでしょ!

テレビ東京で特集された

■テレビ東京 WBS ワールドビジネスサテライト『トレたま』で紹介されました!
■車で使える炊飯器
■無洗米とミネラルウォーターを規定量入れて、炊飯スイッチを押すだけで簡単にご飯が炊けます!
■電源はシガーライターから
■サイズ:W160×D140×H155mm
■本体重量:592g
■付属品:計量カップ/しゃもじ/電源コード/取扱説明書

【お米とご飯の割合】※最大で1.5合(ご飯茶碗で2人分)まで炊く事ができます。
○お米:カップ1杯(約85g)+水:カップ1.1杯(約92cc)=ごはん(小)約168g
○お米:カップ2杯(約170g)+水:カップ2.2杯(約184cc)=ごはん(大)約320g
○お米:カップ3杯(約255g)+水:カップ3.5杯(約322cc)=ごはん(中)約250g×2杯分(計500g)
※炊き具合はお好みがありますので水の量で調整して下さい。

※通常はカップ1杯の米に対し、水は 1:1 の割合ですが、米量が多い時は水を多めに入れると美味しく炊けます。
※上記には計量カップの重量(8g)は含まれておりません。上記規定量以上の炊飯は絶対にしないでください)

本製品は、「炊飯」と「保温」の機能があります。(スイッチを押すごとに切り替わります。)
特殊な構造と回路により炊飯時は5~9Aの電流が流れてご飯を炊く事が出来ます。
しかし、保温時は2~3Aの電流となりますので、保温は最大でも30分までにしてください。
それ以上の保温はご飯の水分を蒸発させてしまい、味を落としてしまいます。
また、保温機能は自動でOFFになりませんので必ず使用後は電源コードを抜いてください。
万が一にも保温状態で放置しない様に充分にお気をつけください。空焚きは故障の原因となります。

おすすめの記事