“オールブラックス偽物”販売目的でイスラエル人逮捕

オールブラックス偽物のグッズを売っていた外国人を逮捕ってニュースが入ってきましたね。ラグビーワールドカップが終わってそろそろ10日なろうという今頃逮捕っていうのがなんか変ですが、こういう路上販売者はどこの会場にもいましたね。

しかしニュースを見てみると中国製でしかも偽物ロゴっていうのがなんともね・・・まぁ買う方も怪しさ満載なのを承知で買っているからある意味お互い様って気もしますが。

ラグビー・ワールドカップの試合会場近くで、「オールブラックス」の偽物のグッズを販売目的で所持したとして、イスラエル人の男ら3人が逮捕された。

警視庁によると、イスラエル国籍のカンカス・イータン容疑者ら3人は先月6日、調布市の東京スタジアム近くで、「オールブラックス」の偽物のマフラータオル94本を販売目的で所持した疑いが持たれている。

カンカス容疑者らはワールドカップ期間中に各国代表の偽物のグッズの販売を繰り返し、多いときは1日に200点以上を売ったとみられている。調べに対し、カンカス容疑者は容疑を否認しているという。

てっきりNZやオーストラリアあたりの人なのかなぁっと勝手に思っていましたがイスラエル人とは。失礼しました。

どこでも現れる人たちでしたが、結構警察も見張っていてしょっぴかれているところを見たり、既に逃走済みでグッズの山を目の前にして呆れている警察官の姿なんか見ました。それもメガイベントの風物詩でしょうか。

とりあえず印象的だったのは3位決定戦で捕まって逆ギレしている人と、決勝戦の終わりに警官に見つかってグッズを置き去りにして逃走した輩ですね。

『なんで商売しゃいけないんだ!』って感じの顔で怒り心頭の外国人。

決勝の後、トンズラした図

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。